フルカラー同人誌を作成したいなら|印刷業者選びが重要

用途に合わせて便利に

カラーチャート

ヘッダーや粘着テープ

OPP袋は、基本的には無色透明ですが、中には一部が白色となっているものもあります。ものによっては、片面のみが白色だったり、上部に白色のヘッダーがついていたりするのです。OPP袋には印刷をすることが可能なのですが、無色透明だと、向こう側が透けて見えることから、印刷内容が見えにくいことがあります。しかし白色の部分に印刷した場合は、文字も模様もハッキリと見えます。中でも、ダイレクトメール用のOPP袋や商品包装用のOPP袋は、宛先や商品の名称やキャッチコピーなどがより鮮明に印刷されます。さらに、粘着テープの付いたOPP袋もあります。剥離紙を剥がしてからフラップを折り曲げて接着すれば、中身が出にくくなります。これもやはり、ダイレクトメールや商品包装用として便利といえます。こういった便利なOPP袋は、いずれも専門業者から購入できます。既製品をそのまま購入することもできますが、業者によってはオーダーメイドも受け付けています。オーダーメイドでは、長さや巾などを細かく指定することで、規格サイズとは全く異なる大きさのOPP袋を作ってもらえます。また、陳列棚のコネクトフックに通すために、ヘッダーにパンチ穴を入れてもらうこともできます。もちろん宛先や商品名など、希望する文字や模様の印刷も併せて依頼できるのです。そのためオーダーメイドを利用すれば、用途に合ったより使いやすいOPP袋が手元に届きます。しかし、専門業者によってもオーダーメイドの料金がことなるため、注文をする前にそれぞれの業者を比較してから依頼先を決めるとよいでしょう。

Copyright© 2017 フルカラー同人誌を作成したいなら|印刷業者選びが重要 All Rights Reserved.