フルカラー同人誌を作成したいなら|印刷業者選びが重要

種類は3つあります

冊子

透明度が優れている

OPP袋はポリプロピレンを素材にした袋のことです。張りがあって透明度が非常に優れています。商品のパッケージとして広く用いられています。このOPP袋に印刷する方法は3種類です。1つはグラビア印刷です。これはOPP袋に直接印刷する方法のことであり、1色からフルカラーまできれいに印刷することができます。費用としては1色あたり30000円が相場になりますが、枚数が多くなればなるほど費用が安くなるという特徴があります。基本的に最低ロット数は1000枚というのが一般的です。もともとOPP袋は薄い色を着色させるのに適しているので、3つの印刷方法の中で最も人気があります。もう1つはオフセットです。これはグラビア印刷よりも安価に印刷することができます。フルカラーでのプリントは無理ですが、2色までなら対応可能です。2色といってもグラデーションを加えることができるので、2色とは思えないほど多彩な表現が可能になります。3つ目は箔押しです。OPP袋の表面をキラキラと輝かせるのに用いることができます。直接箔押しするだけでカラーは最大で6色前後までプリントすることができます。印刷方法は上記の3種類ですが、それぞれ特徴がありますので、用途に応じて選ぶことをおすすめします。注意するべき点としては、必ずサンプル品を送ってもらうことです。提案どおりのデザインと彩りなのかをチェックしてから印刷をしてもらうことをおすすめします。

Copyright© 2017 フルカラー同人誌を作成したいなら|印刷業者選びが重要 All Rights Reserved.